offroad-gang lesson : Feb.26th 2017

(書きかけの下書きを海外出張中に投稿しています。。。)
既に毎週日曜日の日課になりつつあるKiyo師匠のOff-road Gang Lesson。今週も出かけてきました。4回目にしてようやく完全に名栗までの道のりが頭に擦りこまれたようです。今日はAmazon Musicで適当にならしながら7時に家を出ました。いつものローソンに寄り道しても現地には08:40頃到着し、10:00開始だし誰も来てないだろうなと思ったら、すでに先生もタマチャンさんもコーチャンさんも来てました。。。一体何時に来てるんですか!

今日はこのあとマツモトケンさん、ワカさん、ノブコさんが来られて、生徒6名でスタートです。

ステージ12:駐車場でのハンドルフルロックでの極低速ターン

みなさんが揃う前に林道でウオーミングアップをしてから、駐車場で極低速ターンの練習です。まずは直線でかすかに半クラッチつなぐ程度でバランスを取って動かすことから初めて、次にターン、最終的にはハンドルフルロックまで持っていきます。この練習では足をつけないようにするので、リーンアウトでバランスの取れる姿勢がどんなものか強制的にわかってきます。

ステージ13:引き起こしの練習

次に引き起こしの練習です。まずは誰かが倒れたときの助け方。ほとんどの方はハンドガードをつけているので、前輪の手前に立ち(奥に立つと力が入らないし立ってきたバイクに巻き込まれる)、「手を棒にして」背筋を使って後ろに倒れ込むようにして起こします。

次に、自分が倒れ込みそうになったときのリカバリーについて。またいだ状態でもう一人がリアのあたりを支えて、外足のステップに荷重した時に軽くなることを体感します。倒れそうになったら外足を思い切り踏む!ですね。あとはリーンアウトから思い切り上体を外側に向ければやはり軽くなるので、曲低速のときの姿勢が作れればそこからバランスを取ることも可能です。

最後に、倒れ込んだバイクでもまたいで外足ステップを思い切り踏み、リアを接地させて力を入れると助けるほうもとても軽くなることを体験しました。

ステージ14:ステージ1と同じ場所を使って極低速ターンを反復練習

次は山に登って極低速の練習の続きです。アスファルトの上ほど路面は安定していませんからなかなか難しいですが、姿勢をしっかりとるとバイクが安定することは実感できました。

ステージ15:コブ山を使った立体移動の練習

ここを走るのはとても楽しいんですよね。私はどうしても一速を使ってオートマ的に走ってしまうので、可能なところではしっかりシフトアップするということを意識してやってごらんと言われ、結果ビデオでのつぶやきがうるさくなっております。

番外:林道の速度が課題

ほかの参加者の皆さんは結構林道で早いんですけど、私はどうしてもビビって30kmくらいしか出てないんですよね。実際練習し始めてからは少しずつペースを上げられるようになりましたけど、大和の往復での個人的な課題です。

この日は用事もあってお昼で帰ることになりました。ちょっと残念!帰りはYSPによって高圧洗車をして、チェーンの清掃と注油をしてもらいました。出張があるので1週間はお預けになりますが、帰ってきたらまた参加したいと思います!

(今出張中でこの投稿を仕上げながら、一週間山で乗れなかったのをとても寂しく感じています。非常に中毒性が高いですね!)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中